クッキングナオリンのブログ

高中正義と古村

株の始めたての人から上級者まで必ず確認しなきゃならない数値が日経平均株価です。日経平均というのは、トヨタやソフトバンク、武田薬品、東レ、京セラ、キャノン、三井不動産などといった、日本代表の全部で225社の株価を平均した数値です。始めたばかりの人でも毎日続けて日経平均をチェックすることで、株価の大きいトレンドが把握できるようになってくるのです。株式投資の社会ではテクニカル指数を駆使して株の投資をしている方たちが数多くいます。その結果、株投資の新米もテクニカル指標については一通り専門書などで学んでから株式の売買などをスタートした方が、勝率が上昇するのではないでしょうか。実際に株の空売りをしている株式投資の初心者は少ないと考えられています。しかしながら、株式投資を長い間、資産運用のひとつとして続けていこうと意識しているのなら、理解しておいたほうがよい技術だと考えます。なぜかというと、空売りを理解するということは株を買うほうの意識だけでなく、売る側の気持ちを同時に考えるようになり、行うことのできる取引の幅が広がってくれるからです。株取引では株式チャートを参考にして売買するかどうかを判断する方法が一般的にあります。そのなかのひとつが、押し目買いといわれている手法です。株価が移動平均線と接する部分を底値と考えて、その底値近くに数字が来たら、株を購入するというのが押し目買いというやりかたです。これまでの実績や経験的に、これから株価が上昇する傾向が強まるポイントといえます。株式投資を始める際は、いくら値動きがすごいからといっても、ほとんど出来高のない小型株式の売買をすることは、推奨できません。どうしてかというと、普段から出来高の少ない銘柄は保有している株式を思った値段で売ることができないからです。株式投資の初心者から投資資金はいくらぐらいで始められるのかと問われたら、私は最低100万円程は用意しないと、株式投資を開始することは困難だと思います。その訳は、このくらいのお金があれば上場されている多数の銘柄の中からお気に入りの投資先をチョイスすることができるからです。株への投資には危険性を伴います。ですので、株を初めてする場合は、資産運用は投資信託から始めてみるのも無難だと言えます。投資信託は運用のプロが有利な投資先に広範囲に分散して運用するので、安全で初心者に適した運用法のひとつと言えるでしょう。株の初心者の人が株式投資をする狙い目は、ほとんどの人の株式投資への関心を失い、株式市場が暇な状態になっている時です。このような時期だと、どの銘柄もありえないくらい値が下がっていて株価が放置状態となっているため、優良銘柄を買うとすれば絶好の時期だと感じるからです。株投資で失敗しない方法などという記事、本をけっこう見かけます。しかし、絶対に失敗しないということなんてありません。とはいえ、きちんと勉強して、ルールを決めた上で投資すれば、成功することもあるのが株なのです。失敗することを恐れたり、一度の失敗で諦めないで学んだところに、株の楽しさが待っていると思えるのです。知っているとは思いますが、株の売買方法には、現物取引と信用取引があります。やはり初心者にはリスクの高い信用取引はおすすめしません。自分の資金内にリスクを抑える事ができる現物取引から始める事をおすすめします。口座に入れている以上に損するリスクがないんですから。ほかにも、優待狙いで長く株を保有するのも一つの投資方法ではないでしょうか。株式投資はきわめて魅力的な投資の手段の一つです。でも、株の売り買いにはいろんな危険も伴います。株の主なあやうさとしては、値下がりの危険、流動性の危険、倒産の危険などがあります。株式投資は定期預金等々とは異なり、元本の保証がないのです。株の初心者は、その危うさを十分に認識して慎重に投資を行うことが重要です。これから株をやってみたいと思って現在はバーチャルの取引にて楽しんでいます。今のところ好調で、かなり大きく勝ち越しているものの、いざ本当の株の取引になると簡単にいかないかもしれないのです。でも、この株のバーチャルによって得た感覚というのを大事にして、今年中には、株の取引をしようと思っています。株式投資を行うに当たって様々な手だてがありますが、その方法の一つがスキャルピングです。スキャルピングは、株購入から売却までを、数秒から数十秒の非常に短時間の間に済ませてしまう投資のやり方です。スキャルピングの良い点は、株保有期間をごく短期間に絞り込むことで、最小限の株価下落のリスクに保つことができるという点にあります。株の初心者が初めから難しい売買をすることはやめた方が良いです。例えば、株では空売りして利益を得る手段があります。空売りとは売りから始めるという信用取引です。空売りであれば株価が下落した時でも利益を狙うことができます。しかし、リスクもあるので、空売りは株の売買が十分つかめてきてから行うべきでしょう。株の売買の方法には、現物株以外にも投資方法は様々にあります。その中にはオプションがあります。オプションには買う権利であるコールというものと売る権利のプットというものがあって、各それぞれに売買ができ、この4つのパターンを組み合わせて、自由自在に投資戦法を組むことのできるデリバディブ投資です。ものすごく魅力のある投資法ですが、それなりの知識が必要となります。株式投資の未経験者の方が、決算書を読みたいと思っても、書いてある内容が全然理解できないことでしょう。でも、心配しなくても平気です。株を長く持たず、短期売買に決めれば決算書を理解しなくても損益をプラスにできるからです。株には詳しくない者が基本的な知識を得るために推奨されることは、まず株式投資についての本を読むことで、一定の評価を得ている本を5冊以上読まなければならないと思われます。五冊くらい株式投資関連の本を読めば、読み終えた本の中の共通する部分は大事なところだということが知ることができるからです。株を持つ場合、自らの資金への利回りを意識すると思うのです。銀行に預けても利息が大してつくことのない今では、債券や定期預金、国債や投資信託に比べ、利回りというものがよくなくては投資の意味がまったくありません。しっかりと利回りを意識しながら投資を行っていくのが重要です。私の保有する株が最近、特に上がったり下がったりとしているので、下がるかもしれない株、儲かるかもしれない株を自己で判断し、売買をしております。ごくたまに失敗して、損になることもありますが、今のところ、プラス収支となっております。この先もプラスで売り抜けられたら嬉しい限りです。投資の初心者が株式投資をスタートしたいと考えたときは、できるだけ安全な資産運用の方法を選択する必要があります。個別株をいきなり売買するよりも、初めはファンドなどから取引してみるのがよいかもしれません。それから、少し理解できるようになってから実際に株式投資をスタートするとよいでしょう。私は好きな製造業者やブランドの株を所有しています。年に一度、配当をもらえるのですが、配当金だけでなく優待で様々なものがもらえるのが魅力です。特に好みの会社からもらえると、もっとこのメーカーに努力して欲しいという風に思います。なかなか賃金は上がらないのに、物価だけは引き上げようとやけに政府は熱心です。物価の方が上がれば企業の収益力も上がることになり、株価上昇にも繋がります。余剰資金が銀行に眠っているといったことがあれば、株投資を行うと良いです。株の始め方はとても簡単です。証券会社に口座を作るだけでよいのです。今ではネット証券もありますから、取引自体もスムーズにできます。私は、とある会社の株主優待が貰いたいために株式投資を開始した初心者です。ようやく最近、株式を買ったり、売却したりするのが苦痛に感じなくなってきました。株主優待制度も様々あり、株式を保有している会社の製品がもらえたり、買い物では割引価格で購入できるので、どの銘柄に投資しようか考えてしまいます。株投資の初心者に是非とも忘れてほしくない言葉にキャピタルゲインと更にインカムゲインがあります。株で利潤を得るにはこの二つの単語を覚えておいてください。キャピタルゲインは株式の売り買いで生じるマージンのことです。例えると、1万円で買った株式を2万円で売り渡せば、1万円の儲けがキャピタルゲインになるのです。株投資について書かれた本を何冊も読んで勉強した上で、株の初心者が投資を始める場合、スイングトレードと名づけられた投資法をチョイスする人も大勢いるでしょう。スイングトレードはうまく取引できれば大きく儲けることができるので、かなり人気がある投資方法です。当然ではありますが、いつでも利益が得られるわけではありませんから、マイナスになってしまうこともあります。株の収益は、株価の変動による利益と、会社から配当で支払われる金銭という利益の二通りあります。株価の変動を読むというのは難しいと思っているような初心者の人は、株価が落ち着いた状態になっている一定の配当を毎期支払う会社の株を買うことによって、配当で定期的な収入を獲得するのも良い投資の一つです。アベノミクスという言葉が流行していたので、私は、知識を持たないまま、株を始めたばかりの素人です。最初は全然得をせず、赤字で苦しんでいたのですが、このごろは経済が上向きなのか、私がうまくなったのかプラスになるようになれました。信用取引は現物株や現金を担保にして資金以上の取引ができることや空売りができることが大きな特徴なのです。特に空売りは下落相場の場合に大きい力を発揮し、うまく利用することで上げ相場の場合でも下げ相場の場合でも儲けとなる武器となるのです。その一方で、資金以上の取引は借金と同じなので、初心者は資金管理をきちんとすることが大事です。皆そうだと考えるのですが、私は株の投資を始めたころ、新米でチャートの見方が把握できませんでした。依然として完璧にわかるというわけではないのですが、「たぶんこうだろう」といった読み方があって、それなりに参考にしています。ただ、今でも稀にやり損なってしまう時もあります。株取引に慣れていないのなら確定申告に備えて、取引口座を開設するにあたって、源泉徴収ありの特定口座にすることを提案します。手間のかかる確定申告の申告作業やわからないことを調べる時間をできるだけ短くして、その分を、株取引のための情報を調べることに時間を割くことができるからです。