クッキングナオリンのブログ

亮(りょう)と相良

歯のヤニや黄ばみをなんとか落とせないかと思っていたのですが、ちょうど、歯の消しゴムというものがドラッグストアに売っていました。使用には1週間くらいの間隔をあけるようにパッケージにも書かれていましたが、簡単に歯が白くなるとあって、二日に一度は使っていました。あまり頻繁に使いすぎると、歯を傷付けるばかりか、内部組織が露出することで却って黄色く見えたりすることを知らずに使っていたので、取り返しのつかないことをしてしまいました。何か月か前にようやく歯科矯正が完了したばかりだったことも、消しゴムによるダメージをさらに強めたのかもしれません。歯の矯正によって体の不調が続いたため、しょうがないので矯正を中断しています。もともと歯並びが悪くて悩みの種でしたから、ショックな出来事でした。他に良いやり方が無いのかと質問しても、納得できるようなやり方は見つからなかったです。矯正にも、向いている歯並びとそうでない歯並びがあるなんて、初耳でした。歯科矯正は、歯の表面にワイヤーを付けるという印象がありますが、今は歯の表ではなく裏面に器具を取り付ける方法もあります。裏側の場合、周囲の人に矯正器具が見られないというのがメリットですが、口腔内が傷付きやすかったり、表側よりも矯正に時間がかかる点はデメリットとして考慮しなければなりません。対して、従来通りの表側に付ける方法は、周りに目立ってしまうのが難点ですが、今はブラケットも昔ほどゴテゴテしておらず、透明のものもあるので、なるべく周りに目立たないものを選択することも可能となっています。憧れの白い歯をゲットできるホワイトニング。その利用の際には、どこのクリニックで受けるか、お悩みの方もいるでしょう。そんな方にアドバイスです。従来の歯医者さんでも最近はホワイトニングを扱う場合がありますが、そういった施術を専門としている審美歯科を利用することをお勧めします。こういった専門の歯科では、歯の黄ばみの原因から詳しく話してくれて、普通の歯医者さんよりも「美」を追求した施術を行ってくれるのです。また、歯並びを綺麗にする歯列矯正などを受ける際にも、やはり、どこの歯科を選ぶかが大事になってきます。日々の暮らしのなかで矯正治療を受ける場合、通院回数が多いのではないかと気にされる方も多いでしょう。実際に週1回の通院が可能かというと、簡単に時間がつくれるわけではないと思います。歯科矯正については、器具を歯に装着したらそれ以降の通院では器具異常のチェックや、口内の清潔さが主な治療内容になっていくでしょう。日々口内の手入れをし、綺麗にしている方ほど少ない通院回数でも大丈夫なようなので、検討してみて下さい。歯科で行うホワイトニングには、通院して受けるオフィスホワイトニングの他、ホームホワイトニングといって、自家用の薬剤とマウスピースを使って行うものがあるのですが、十分な時間を確保できない場合などでは、思ったように効果が出ないで終わるという可能性もあります。ちなみに、歯並びの矯正中は歯のホワイトニングを行うことができないと思われがちですが、歯の状況などによっては、方法を工夫すれば矯正と同時にホワイトニングを進めることもできます。歯科矯正では、よく口内炎ができて苦しいということが言われます。矯正を始めて間もない間は、矯正に伴って口内炎になってしまう方がいるのは本当です。歯並びを治すための器具が口腔内に干渉して傷が付いてしまい、その結果として口内炎ができてしまうのです。しかし、痛みを和らげる専用のワックスもわります。もちろん、口の中を常に清潔にしておくことなどもきわめて重要になってきます。ホワイトニングを一度歯科で受けたあと、自宅でのメンテナンスは何をしたらいいかという点には多くの方が興味を抱かれるのではないでしょうか。どんな治療にも言えることですが、他の美容目的の施術、例えば歯列矯正などでも、継続的に検診を受け続けることが必要でしょう。その日の内に効果が得られるのがオフィスホワイトニングですが、それでおしまいとするのではなく、必ず担当医の指示に従って定期的に診察に通って、経過を診てもらいましょう。歯を綺麗にするホワイトニング。その種類としては、歯科で全ての施術をしてもらうオフィスホワイトニングと、マウスピースと専用の薬剤の処方を歯科で受け、自宅で歯を白くしていく、ホームホワイトニングという方法とがあります。また、即効性と持続力の双方を求める場合、双方の長所を併せ持つデュアルホワイトニングを行い、即効と長期持続を両立させるケースもあります。状況や手法によっては、歯列の矯正をしながらホワイトニングを行うことができて、大変便利です。矯正中には飲食の制限もあります。歯を痛めそうな食べ物はやめておいた方がいいです。例を挙げると、煎餅や堅いビスケットなどは歯や顎の負担にもなりますから、手を出さないのが無難です。餅やキャラメルなど粘性の食べ物も、歯にくっついてしまい、矯正中の歯が動いて良くないので、矯正中はやめておくようにと多くの場合は言われているようです。就職や結婚など、人生の大きな転機を前に、歯列矯正を思い立つ方もいるでしょう。歯科矯正は担当医の腕の良し悪しが出やすく、納得いく施術をしてくれる歯科はそう多くありませんから、歯科選びが命運を握っているといえるでしょう。頼りになるのはやはり専門医です。矯正専門の歯科は、そのことを看板やインターネットのサイトにも掲げているので、そういうクリニックを率先して選ぶことにすれば、失敗は少ないでしょう。歯科で歯並びの矯正を受けるときには、歯科医師の判断にもよりますが、抜歯が必要なこともあるようです。歯の位置が大きくずれてしまっている場合、正しい位置に戻そうとすると、他の歯に干渉して思うように動かせない場合もあり、抜歯はそれを見据えた処置ということです。そのような歯並びの場合には、抜歯を拒み、そのまま矯正を進めてしまったら、歯の並びが広がってしまって、歯並びが良くなるかわりに顔の形が不細工になって本末転倒です。歯並びのために矯正治療を受けようと言っても、矯正の方法と治療に必要な時間については患者さんの元々の歯並びによって、全く違うようです。複数の歯の歪みが歯並びの悪さの原因ということもありますし、歪んだ歯をどれだけ矯正で元に戻せるのかといったことが矯正方法や治療期間を決めるうえでカギだと言えます。多くの歯科矯正においては、まず元々の歯に虫歯があるようであればそれを治療し、歯並びを見ながら矯正計画を立てます。そして無事に器具を歯に装着したら、経過観察を続けていくようです。治療期間については矯正計画をよく把握しておくのが良いでしょう。今話題のホワイトニング。その施術を受ければ、僅かな期間で歯を真っ白にすることができます。しかし、ホワイトニングの維持期間にも限界があります。数ヶ月から一年は持つとはいえ、一時的に歯の表面を白くしただけで、黄ばみの原因がなくなるわけではないですから、持続期間が過ぎれば、また少しずつ汚れていくわけです。歯を綺麗にするなら歯科矯正という手もありますが、こちらの場合は、矯正の終了後、また悪化してしまうというケースはほぼ心配しなくていいといえます。これまで歯科矯正はブラケットという器具を使うのが主流であり、この方法では口を開けると必ずワイヤーが人目に付いてしまうといった悩みを抱える患者さんは非常に多かったのですが、今はマウスピースを用いた矯正が出てきたので、周囲の人に悟られない内に歯並びを矯正できる治療法を利用できるようになりました。その上、マウスピースを外して歯磨きなどのケアもできるので、従来の方法と比べると遥かに衛生的であり、これからはワイヤーに代わって主流になる可能性が高いといえるでしょう。以前に比べて歯科矯正をしている方も増えてきていますから、歯並びの治療に興味を持つ方も増えているのではないでしょうか。しかし、歯科矯正における注意していただきたいことがあります。もともと定着していた歯並びを矯正器具を使って動かして歯並びを良くするわけですよね。ですので歯や歯茎のみならず、これらを支えている顎や骨にも強い負荷をかけていることになります。理想の口元になるために痛みや違和感を我慢してでも中断はぜったいしない、などと勝手な判断をしないように注意してください。痛みや違和感を我慢していては逆効果になってしまいます。歯科矯正の技術が上がったとはいえ、まだ痛みはあり、一瞬だけの痛みと、ずっと続く痛みとがあります。痛みがより強烈なのは、瞬間的な痛みのほうでしょうが、本当に精神的に辛いのは、やはり継続的な痛みのほうでしょう。具体的には、歯が動くたびに鈍痛があったり、器具が口の中をひっかくような形になり、できた傷に飲み物が沁みたりして、常に何らの痛みはあるという状態です。一年以上も続くこの痛みに堪えなければ矯正はできませんから、根気や覚悟が続きそうにないという方には、あまり歯科矯正は推奨できないのです。歯を綺麗に保つホワイトニングの作業は、自分の家でも手軽に行えるのが魅力の一つといえます。まずは歯科医院でマウスピースという器具を作ってもらって、毎日1、2時間ほどこれを装着し、薬剤で歯を白くしていきます。マウスピースを歯科で作る工程を省き、市販のものを使って行う方法も主流になりつつあります。歯科で行うと2万円から5万円なのに対し、こちらは5千円から1万円でできますし、白さを維持できる期間も、歯医者さんでのホワイトニングより長いのです。これに合わせて、歯並びなどを改善する歯科矯正をすれば、自然な口元の美しさを実現できます。歯科矯正を子供の内から始めることが多いのは事実ですが、矯正は子供の内に済ませておくのがセオリーだから、といった理由で考え無しに歯科矯正を始めてしまうのには危険もあり、あまり勧められません。中には、歯医者さんから勧められて決断してしまう方もいますが、幼稚園から小学生くらいの小さな子の場合、必ずしも矯正が必要というわけではありません。とはいえ、本当に必要な場合もありますから、勧める理由の説明を求めることは必須といえるでしょう。顔の容姿は誰もが気にすることですが、特に骨格のゆがみなどは、もしかすると、歯並びが悪いことがその歪みの原因になっているケースが十分考えられます。出っ歯・反っ歯や、受け口・しゃくれなどでお困りの場合、歯科矯正の治療を受けることで、歯並びに加えて顔の形も改善できるという嬉しい話もあります。食事の度にストレスを感じることもなくなり、運動時などに、歯をぐっと食いしばって力を入れるという動作も自然にできるので、日々の動作が自然になることで笑顔も綺麗になるでしょう。基本的には便利なホワイトニングですが、その失敗例としては、時には綺麗に白く染まらないことや、場所ごとに色むらが生じる可能性もあります。歯の質によってはホワイトニングが効きにくかったりして、理由はケースバイケースです。ですが安心してください。時間はかかるとはいえ、何度も繰り返し施術していけば対応は可能なことが多いです。他の歯科治療と同じように、歯が白く染まるかどうかもあくまで人によりけりというわけですね。歯並びを矯正するにあたっては、マウスピースを使う方も居ると思います。マウスピースの利点は、矯正器具を使ったものと比較すると目立ちにくいということが挙げられるでしょう。透明のマウスピースであればパッと見ても分かりにくいでしょうし、歯科医の計画によって装着時間が短いものもあります。例えば、自宅にいる時だけや眠りについている間だけつけるというのも可能なものありますから、誰にも気づかれること無く歯並びを矯正できますから、こっそりと矯正されたい方にはお勧めです。一度は白くなったのにまた黄ばんでしまった、という「ホワイトニング失敗談」もたまに耳にします。生活習慣や健康状態によりますが、せっかく白くした歯もすぐにまた黄ばんでしまうのは確かです。最も良い方法は審美歯科で施術を受けることですが、利用するホワイトニングの手法に加え、持続期間などを確認した上で施術を受けるべきです。また、歯並びを気にしていて、歯科矯正を受けたいという場合は、いずれにも長けた歯科を選ぶべきです。歯科矯正には数十万円の費用がかかります。これが海外の場合、治療費が安くなるのかといえば、実際は大差ないどころか、かえって高いくらいです。例えば、医療先進国といわれるアメリカですが、歯科矯正は保険が使えないケースもあり、5
000ドル以上の費用が実費で必要になります。もちろん、何か月も何年も通わなければならないのは日本でも外国でも同じです。矯正完了まで何度もクリニックに通って、ブラケットの位置を調整したり、異状をチェックしたりしなければなりません。そうなると、外国では制度や言葉の問題もありますから、結局、国内での治療が最も安心ということになります。大人になるにつれて歯並びがますます気になるようになり、歯科矯正を決意しました。ワイヤーを付けるという方法自体は子供と同じですが、大人は骨格の成長が既に終わってしまっていますから、長い時間をかけて少しずつ矯正を進めていくことが必要になるとの話です。大人の場合、舌のクセも定まっているので、矯正と並行してこちらも治していくことになります。矯正が終わるまでには1年半から3年ほど必要ということなので、歯科矯正の利用を本気で検討するなら、なるべく早期に歯医者さんで相談するのがいいでしょう。歯の矯正治療の最中というものは、物が噛みにくくなっており、結果的に体重が落ちてしまう方もいるようです。あるいは、矯正治療の終了後、体重が元に戻ったり、あるいは太ってしまうという方もいるようです。歯科矯正中のストレスからつい沢山食べてしまう、リバウンド状態に陥ってしまう方もいるようです。長期間の矯正治療の結果、整った歯並びになったとしても、体型が悪くなったのでは勿体無いので、矯正中や矯正後の食事の管理にも注意を払いましょう。顔の印象は口元で作られます。女性が歯科矯正をすると、多くの方が、前より美人と言われるようになるといいます。歯並びの悪い場合に比べて、歯並びがちゃんとしていれば、それだけで印象はよくなるわけですね。歯並びの良し悪しはそれほど大事なことなのです。それに加えて、歯科矯正による「美人効果」で言うと、不正咬合が治ったことで、顔の形そのものも改善されたということも要因と思われます。大人になって歯並びが悪くなってきたので矯正治療をしたら、しばらくすると体調が悪化したのです。歯が痛いわけでは無かったので、矯正が原因だなんて信じられませんでした。病院の先生が言うところによると、私は元々の噛み合わせに特徴がある為、歯科矯正によって噛み合わせがずれると肩こりや頭痛などの体調不良が引き起こされることがあるそうです。歯科矯正の際にこうしたリスクをきちんと説明すべきだと思います。ヘビースモーカーであるためにハミガキをしても歯の黄ばみが取れないという方には、ホワイトニングを検討してみてはどうでしょうか。短期間で真っ白な歯を実現するには、一番良い手段といえます。歯に色がつく原因としては、煙草以外に薬などもありますが、ホワイトニングを利用すれば、歯を傷めずに白くすることができるのです。中には歯列矯正だけを受けて安心する人もいますが、白い歯にならなければ、「口元美人」には程遠いのです。歯並びの矯正において悩みの種になるのが、まずは食事、それに運動でしょう。構造上、矯正器具の隙間にどうしても食べ物が残ってしまい、いつもよりも丁寧な口内ケア無くしては歯を清潔に保てません。さらに、運動時など力を入れる際には、誰でも思わず歯を噛み締めてしまうものなので、矯正中は、器具で口腔内の粘膜を傷付けるおそれもありますし、異なる方向に歯が引っ張られて痛みが走ることもあるのです。あらかじめ担当医に聞いておくべきでしょう。